「まん延防止等重点措置」が13都県に追加

こんにちは!
みんなの安心館店長の真野です。

オミクロン株の爆発的な感染拡大により、また「まん延防止等重点措置」が13都県に追加される模様です。

詳細は下記になります。

"新型コロナウイルス対策で、専門家でつくる分科会は「まん延防止等重点措置」を適用する地域に、首都圏の1都3県や東海3県など合わせて13都県を追加し、期間は21日から来月13日までとする政府の方針を了承しました。
政府は夕方、対策本部を開いて正式に決定することにしています。

19日朝に開かれた感染症などの専門家でつくる政府の「基本的対処方針分科会」で、山際新型コロナ対策担当大臣は、東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬、新潟、愛知、岐阜、三重、香川、長崎、熊本、宮崎の13都県から、まん延防止等重点措置の適用の要請があったことを説明しました。

そのうえで、13都県について「感染状況や医療のひっ迫度合いについてレベル2の段階と判断され、急速に感染拡大が生じている。このまま推移した場合、感染の急速な拡大に伴って、近い将来、医療提供体制に大きな負荷がかかりかねないことを見据えて、早急に感染拡大を防止する措置を講じる必要がある」と述べ、21日から来月13日まで重点措置を適用する方針を諮りました。"

"NHK,2022.1.19,「まん延防止措置」適用地域に13都県を追加 分科会が了承”,<https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220119/k10013438001000.html>参照

■オミクロン株の特徴

オミクロンに感染した人の中には、無症状で済む人から、肺炎を起こして死亡する人までさまざまです。しかし、いくつかの研究で、通常の新型コロナの感染症と以下の点が異なる可能性があります。

○発熱(72%)・咳(58%)・だるさ(50%)・のどの痛み(44%)などの風邪症状が中心(沖縄での報告から)

○潜伏期間が短い可能性: アメリカの報告例によると潜伏期間の中央値は3日としています。通常の新型コロナが5日ほどと考えられているので、2日ほど早いということになります。

○若年での発症・入院数が増加していきている:特にイギリスでは、2022年1月から成人だけでなく17歳以下の若年者や小児での発症例も急増してきています。

○また味覚嗅覚障害が通常株・デルタ株に比べて少ないとする報告もあります。(沖縄の例でも2%です)

しかし重症化のリスクはデルタ株よりも軽い傾向にあると言われてます。

またしばらく感染対策をしながら生活をする必要がありそうですね。